Solo exhibition of Julien Pacaud, an artist based in Paris.

ギャラリーメゾンダール大阪本店では、パリ在住の ジュリアン・パコーの個展を日本で初めて開催いたします。
これまでメゾンダールパリでの企画展にも参加の世界的に活躍の人気アーティストです。
彼の最新シリーズ、"Catastrophe-Lovers"をテーマにした、シュルレアルなデジタルコラージュ作品 約30点と、
オリジナルサウンドによる時空を超えたパラレルなインスタレーションを展開。
展示作品の販売、その他、仕事の受注、作品のパリからの取り寄せ代行もいたします。

  •  
    3.4.fri.-12.sat.2022
    @ GALLERY MAISON D’ART,Osaka
     
  • -CATASTROPHE LOVERS
    Je suis toujours assez reticent et, je l'avoue, souvent impuissant a expliquer mes images. Le surrealisme encourage a se fier en premier lieu a l'intuition, sans penser au prealable la creation a venir. Neanmoins, cette serie de collages est nee de la volonte d’illustrer un theme precis : la rupture amoureuse, et ce qui peut conduire a elle, par des chemins plus ou moins longs et plus ou moins tortueux .

  • Signed print, unlimited copies.45euros High quality inkjet print on Hahnemuhle 310g Photo Rag Bright White, with Epson UltrachromeR HD inks.
    高品質インクジェットプリント、ハーネミューレ・フォトラグ ブライトホワイト310g、サイン入り、エディションなし。A3:5.500yen,A4:4.000yen(税込み)
    エディション5:18.000yen,13.000yen.

    CATASTROPHE LOVERS
    Je suis toujours assez reticent et, je l'avoue, souvent impuissant a expliquer mes images. Le surrealisme encourage a se fier en premier lieu a l'intuition, sans penser au prealable la creation a venir. Neanmoins, cette serie de collages est nee de la volonte d’illustrer un theme precis : la rupture amoureuse, et ce qui peut conduire a elle, par des chemins plus ou moins longs et plus ou moins tortueux.
    La fin est ici un point de depart (comme l’illustre le premier collage de la serie ou le mot ≪ END ≫ apparait clairement), et un pretexte pour explorer toute une gamme de sentiments et de situations qui participent a ce que je nomme ici les ≪ catastrophes ≫ de l’amour.
    Des catastrophes qui peuvent etre aussi futiles qu’une lettre d’amour jamais distribuee ou un regard fuyant. Mais qui sont egalement aussi importantes que l’incomprehension, la frustration ou la deception qui peuvent s’insinuer dans une relation entre deux etres.
    Chaque image est pensee comme le chapitre d’une histoire parsemee d’obstacles, dont le commencement et la conclusion sont incertains.
    J’ai commence a travailler sur cette serie en 2019, et decide tout d’abord de la publier sous la forme de trois livrets evoquant le format d’un magazine. J’ai egalement compose six morceaux de musique comme une ≪ bande originale ≫ accompagnant les images.
    (https://drahomirasongorchestra.bandcamp.com/album/catastrophe-lovers)
    Je suis heureux de presenter ici pour la premiere fois une importante selection de ces collages numeriques sous forme de tirages d’art.

    Julien Pacaud, 2021

    テーマについて:自分のイメージについて語るのは、いつもためらいがあり、正直に言えばその力が欠けているとすら感じます。 シュルレアリスムというものは、生み出される作品について考えを先立って巡らせることなく、まずアーティストの本能に委ねるべきものだからです。
    しかしながら、このコラージュのシリーズは、ある具体的なテーマについて描きたいという私の強い願望から生まれました。それは、それぞれ差はあるけれど、紆余曲折を経てたどり着く愛の破局や、何が破局へと至らしめるのかについてです。

    シリーズの第1作で「END」という言葉が明らかに描かれているように、終局はここでは出発点となり、また私が愛の「破局」と呼ぶものに関係する、あらゆる感情や状況を探るための口実でもあります。
    破局は、届かなかったラブレターやつかみどころのない視線のようにむだな存在でありながら、二人の間に忍び寄る誤解やフラストレーション、失望といった重要なものにもなり得ます。
    それぞれのイメージは、始まりと終わりが不明で、障壁だらけの物語における章のようにも考えられます。
    私は、2019年からこのシリーズに取り組んでおり、まず雑誌を彷彿させるブックレットの形で3冊出版することを決めました。
    またイメージに寄り添うサウンドトラックとなるような音楽を6曲制作しています。


      ←サウンドを聴く

    GALLERY MAISON D’ARTでの展覧会で、これらのデジタルコラージュの作品を日本で初めて展示できることをとても嬉しく思います。
    ジュリアン・パコ-

    翻訳・Akinori KUMAMOTO (パリ在住スタッフ)



    Profile: 1972年生まれ、フランス・パリにて在住、活動。インスタグラム
    フランス国立エコール・ルイ=リュミエールで映画を学んだのち、2000年代初頭から実験的なデジタルコラージュの制作を独学で始める。
    独自の制作を続けながら、2004年からは、メディアや、企業広告、出版での挿画、音楽業界でのイラストレーションなど、商業ベースでの活動もフランス国内外で開始し幅広く活躍中。
    https://julienpacaud.com/Illustration-1
    パリジャン風味のシュルレアルなデジタルコラージュの制作を続けている。そのひとつひとつは、過去と未来、親密なものと宇宙的なものなど、相反するものが衝突しあい、時空を超えた、独自のパラレルなワールドを軽やかに描き上げている。このところ、欧州はもとより、中国、台湾をはじめ、アジアでも注目を集めている。北京でも開催。

    主な個展:
    2003年 L'Electron Libre パリ(FR) 2006年 デラックス・ギャラリー、ハリファックスカリフォルニア(USA) 2008年 Rumkammerat gallery、コペンハーゲ(DK) 2009年 ギャラリー19(FR)、 TBWA Chiat Day offices, ロサンゼルス(USA) 2011年 Blou Concept Store パリ(FR) 2012年 Quarks Gallery パリ(FR) 2013年 Ukkelberrifun @ Ydde アントワープ(BE) 2014年 Arte Santander サンタンデール(SP) 2016年 Destinos Desconocidos ボゴタ(COL) 2017年Nos Mondes Separes Artazart パリ(FR) 2019年Volume 2 Comets パリ(FR)、 2021年入梦一爲 (ルーム・トゥ・ドリーム) ナイーブ、北京(CN) 他。グループ展多数。

    出版等 : Le Monde, Liberation, Le Temps, La Vie, Philosophie Magazine, Le Parisien, L'Obs, The New Yorker, The Wall Street Journal, Sprectrum, Popular Science, Vanity Fair, Hollywwod Reporter, Usbek & Rica, Architectural Digest, Dwell, Oprah Magazine, Morning Star他


    Born in 1972, lives and works in Paris, France. Self-taught artist. Julien Pacaud began experimenting with digital collage in the early 2000s after having studied cinematography at Louis Lumiere school. In addition to his personal creations, he has also been working since 2004 as an illustrator for the press, advertising and the music industry. Favoring instinct and waking dreams, he composes surreal digital collages from old photos patiently gathered, then manipulated and assembled. The software replaces scissors and glue, and gives it other possibilities to organize chaos. Each of his images is a transfer into a parallel universe where the past and the future collide, the unlikely and the impossible, the intimate and the cosmic. Solo exhibitions 2003 - L’Electron Libre, Paris (FR). 2006 - Gallery Deluxe Gallery, Halifax (CA). 2008 - Rumkammerat gallery, Copenhague (DK). 2009 - Galerie 19 , Angers (FR). 2009 - TBWA Chiat Day offices, Los Angeles (USA). 2009 - Au Xeme, Paris (FR). 2011 - Blou Concept Store, Paris (FR). 2012 - Quarks Gallery, Paris (FR) 2013 - Ukkelberrifun @ Ydde, Antwerp (BE) 2014 - Arte Santander, Santander (SP) 2016 - ≪Destinos Desconocidos≫, Bogota (COL) 2017 - ≪Nos Mondes Separes≫, Artazart, Paris (FR) 2019 - ≪Volume 2≫, Comets, Paris (FR),2021 - "入梦一? (Room to Dream)", Naive, Beijing (CN) Publications : Perpendicular Dreams (volume 1 & 2), illustration books, 2018-2019 Catastrophe Lovers (volume 1 to 3), illustration books, 2018-2021 The Hidden Message, tarot deck, 2020 Awards : 2010 : winner of the Swatch Special Prize, at Illustrative Young Illustrators Awards, in Berlin. Illustration clients (2004-2021) PRESS : Le Monde, Liberation, Le Temps, La Vie, Philosophie Magazine, Le Parisien, L’Obs, The New Yorker, The Wall Street Journal, Sprectrum, Popular Science, Vanity Fair, Hollywwod Reporter, Usbek & Rica, Architectural Digest, Dwell, Oprah Magazine, Morning Star, Society, So Foot, ... MUSIC : Jeff Mills, Arman Melies, Palo Alto, Hushpuppies, The Konki Duet, Scopitone festival, Teriaki festival, Santander Music festival, ... ADVERTISING : SFR, Nike, Swatch, Yukon Tourism, Volotea, Terre d’Estuaire, ... EDITION : Gallimard, Folio Essais, Payot, Actes Sud, Pushkin Press, ...


    *メゾンダールでは2007年の日仏LPサイズ 企画展に参加されています。
    この作品は、メゾンダールパリで展示中、ロンドンコロンビアのCDジャケットに起用されることが決まりました。
    http://www.dab.hi-ho.ne.jp/musee-ange/reco.sam.html

     

    Copyright (C) MAISON D'ART All rights reserved.  

     




    TOP